能勢通信94 能勢町から愛を込めて

じゃがいもの植え付けをしたいのに、雨が続いて畑のコンディションが悪いです。
 
畑の乾き待ちですが、タイミング良く?雨が降ります。
 
じゃがいもは、収穫体験用に作っておきたい野菜のひとつ
 
じゃがいもの栽培は、難しくないです。
単純に言えば、切ったじゃがいもを、植えたら数ヶ月後に新たに出来ています
 
じゃがいもの栽培は、男爵、メークイン、品種は色々ありますが
基本的に作り方は同じです
ぼく個人的に植え付けの時期は、地域によりますが2月、3月。
 
間に合うかなぁ。。。不安でいっぱい。
畑は、まだ白菜の残りがあります。
可哀想ですが、潰して畑に還元し肥料にします。
 
いつ耕そうか考えてると、知り合いのオジさんから電話。
 
「おい、そろそろ白菜から菜の花が出てるやろ。白菜の菜の花は甘くて美味しいんや。」
 
何やて!!
 
肥料にしようと思ったが菜の花を楽しもう
 
じゃがいも作りが遅れるなぁ。。。
 
土手には、蕗の薹があちらこちら。蕗の薹は春野菜の中でも早めに出てくる野菜のひとつ。
 

毎年、土手に沢山出来ます。取れたての蕗の薹は下処理はいりません。

「蕗の薹のてんぷら」「蕗の薹味噌」しか作りませんが、ほんのりとした苦味がグッドです!

小松菜から菜の花が出てます~。白菜の菜の花も美味しいですが小松菜も美味しい。

菜の花は「アブラナ科」の野菜の新芽で、アブラナ科の野菜が春先になると

新芽が出て後に種になります。だから、キャベツ、白菜、大根、小松菜などなど

春先になると菜の花が出来ます。

ちなみに、スーパーで販売されている物は、菜の花の専用の品種もあるので、キャベツ、白菜、大根、小松菜の新芽ではありません。

春になると野菜も新芽を出し花を咲かせます。新たなステージに立つ訳です。

野菜だけではありません。人間もです。

ミキも春になると東京に旅立ちます。新芽を伸ばす訳です。

綺麗で大きな花を咲かせてな~~!

能勢通信農業
土肥ポン太をフォローする
ポン太商会

コメント